青木ゼミ
 授業科目・ゼミの内容
 論文・著述・その他


新幹線のマーク入りケーキ
キュートな0系ケーキ

授業科目

交通論 (同志社大学商学部)

鉄道政策論 (同志社大学商学部)

ビジネストピックス(2回生対象 同志社大学商学部)

交通政策論(同志社大学商学部大学院)(府立大学公共政策学部)

ゼミの内容

「交通の社会的意味」を考える

交通は社会・経済に重要な役割を果たしています。
商学部に関連する分野だけをみても、商品の流通には貨物輸送や倉庫業などの物流が不可欠ですし、
小 売業の立地・業態に関しても、交通体系の変化によって大きな変化が生まれています。
また、自動車の普及と道路の発達は、郊外へのスプロール化減少や
大規模 ショッピングセンターの出現、中心市街地の衰退、環境問題など
さまざまな問題を生んでいます。

一方、交通自体も社会の変化から大きな影響を受けています。
情報社会の進展によって移動や交通量が減少するのではないかと予測されていましたが、
全 体としての移動が大きく減少するということはありませんでした。
逆に、さまざまな情報を手軽に取得できるようになり、
勤務時間・余暇時間における移動は増 加する傾向がみえます。

九州開聞岳最南端駅 九州開聞岳最南端駅

また、高齢者の増加により、従来オフピークとされてきた週日・日中における余暇活動が盛んになり、
新たな需要が喚起されています。
反面、高齢ドライバーの増加、高齢者の交通事故の増加などの新たな問題が出てきました。

日常生活に非常に大きな影響がある交通問題については、とかく見過されることが多いが、
この演習では、上記のような視点から、交通の社会的・経済的意味を理解するのを
大きな目的としています。

2010年度春学期、3回生は「交通論を学ぶ」をテキストに、輪読と発表をおこない、
夏休みには秋学期の関西学院大学野村ゼミとのディベートのため の準備として合宿を行います。
秋学期にはディベートの準備と実施(10月下旬)、交流会、反省会を行い、
秋学期の後半は現在の交通問題に関するレクチャー と実地見学(フィールドワーク)、
ゼミ論(卒論)の準備を行います。

伊勢志摩合宿201010  伊勢志摩合宿201010

4回生は春学期中にグループで執筆するゼミ論のテーマを探し、
テーマや調査内容、仮説の設定などを固めます。
夏休みには実地見学(フィールドワーク)や資料収集を行い、秋学期にはゼミ論を執筆します。
一定期間ごとに執筆状況を発表し、ゼミ論の完成を目指します。

行事としては学部の女子ボーリング大会やソフトボール大会への参加のほか、
夏合宿や学期ごとにコンパを行います。春と秋の野球の同立戦の応援やラクビーの応援、
小旅行なども積極的に行っています。

Copylight © 青木ゼミ All Rights Reserved.