青木ゼミ
 授業科目・ゼミの内容
 論文・著述・その他

共著

1996年4月 『交通と福祉―欧米諸国の経験から』
 文眞堂, 松尾光芳,小池郁雄,中村実男,青木真美共著(第4章ドイツ 担当)
2000年3月 『ドイツにおける鉄道の地域化』運輸調査局,青木真美,カトリン・ ケスタ共著



翻訳書

1987年1月 『思考のための道具』
(Tools for Thought : The History and Future of Mind-Expanding Technology, Howard Rheingold, MacmillanComputer Pub.),パーソナルメデイア社,
ハワード・ラインゴールド著,栗田昭平監訳,青木真美訳
1991年12月 『カフェの光景』
(Europäische Cafehäuser:Geschichte und Geschichten, Rose Marie Sommer-Bammel, Nicolaische),TOTO出版,R.M.ゾンマー・バンメル著,中村利治監訳,青木真美訳


共訳書

1996年1月 『フランスの高速鉄道TGVハンドブック』
(TGV Handbook, Brian Perren, Capital Transport Pub.),電気車研究会,
ブライアン・ペレン著,曽根悟監訳,秋山芳弘,青木真美共訳(第7章〜第16章担当)

論文
1984年12月 「欧州における私鉄の現状」『運輸と経済』第44巻第12号.運輸調査局
1986年10月 「西ドイツにおける都市交通企業の現状」『モノレール』第59号
1986年12月 「西ドイツの運輸連合(1)」『運輸と経済』第46巻第12号
1987年 2月 「西ドイツの運輸連合(2)」『運輸と経済』第47巻第2号
1987年 2月 「西ドイツの運輸連合(3)」『運輸と経済』第47巻第3号
1987年 7月 「西ドイツの運輸連合(4)」『運輸と経済』第47巻第7号
1987年 8月 “Privatisierung und Aufteilung der Japanischen Staatbahnen (JNR)”,
Deine Bahn,Vol.15 Nr.8,(西ドイツ連邦鉄道機関誌)
1987年 9月 “Die Japanischen Staatbahn, Privatisiert und in Teilgesell-schaften gegliedert”, Internationales Verkehrswesen, Vol.39 Nr.9,(ドイツ交通学会誌)
1987年12月 「西ドイツの運輸連合(5)」『運輸と経済』第47巻第12号
1986年10月 「西ドイツにおける都市交通企業の現状」『モノレール』第59号
1991年 3月 「欧州における高速鉄道の整備」『観光産業』,
東洋大学短期大学観光産業研究所報 第8号
1992年3月 「地域交通資本の整備と公共交通機関の運営の調整―ドイツの例からの提言―」
『交通学研究』,日本交通学会1991年研究年報 通巻36号
1992年3月 「鉄道所要時間に関する意識」
『観光産業』,東洋大学短期大学観光産業研究所報 第9号
1992年4月 「ベルリンのSバーンと都市交通」『鉄道ピクトリアル』第42巻第4号
1992年7月 「ヨーロッパの高速鉄道網整備計画」『運輸と経済』第52巻第7号
1994年3月 「移動制約者のための交通手段整備の現状」『観光産業』,
東洋大学短期大学観光産業研究所報 第11号
1994年6月 「ドイツ鉄道改革の問題点―近距離輸送の地域移管をめぐって」
『運輸と経済』第54巻第6号
1995年3月 「ユーロトンネル開通の歴史」『観光産業』,
東洋大学短期大学観光産業研究所報 第12号
1996年3月 「障害者の旅行における問題点について」『観光産業』,
東洋大学短期大学観光産業研究所報 第13号
1996年7月 「視覚障害者の公共交通利用について」『運輸と経済』第56巻第7号,村上琢磨と共著
1997年3月 「スイス観光鉄道の実態―フルカオーバーアルプ鉄道の場合」『観光産業』,
東洋大学短期大学観光産業研究所報 第14号
1998年12月 「ベルリンの鉄道整備の歴史とその今日的課題」『鉄道史学』第16号
1999年4月 「欧州における高速鉄道政策と地域鉄道政策」,今城光英編著
『鉄道改革の国際比較』日本経済評論社
1999年5月 「ドイツにおける鉄道近距離旅客輸送の地域化」『交通学研究』,
日本交通学会1998年研究年報 通巻42号
1999年8月 「ヨーロッパにおける鉄道貨物輸送の動向」『運輸と経済』第59巻第 8号
1999年8月 「イギリスにおけるBR民営化後の鉄道貨物輸送」『運輸と経済』第59巻第8号
2000年7月 「都市交通と環境問題―いくつかの外国事例」『都市問題研究』通巻52巻第10号
2001年7月 「都市公共交通に望まれる連携方策
 ―サービスのシームレス化と都市整備との一体化」『地域開発』
通巻442号,家田仁と共著
2004年9月 「EUにおける地域交通の構造転換とその効果」『同志社商学』第56 巻2・3・4号
2005年3月 「EU諸国の運輸政策と地域交通」日本交通政策研究会日交研シリーズ
『地域・都市交通の変貌と公的政策の展開』
2006年3月 「ドイツにおける公共近距離交通への助成とその効果」『同志社商学』第57巻第5号
2006年11月 「ドイツにおける公共交通政策の最近の動向」
『運輸と経済』第66巻11号運輸調査局
2007年1月 「第三セクター鉄道の現状と問題点」『同志社商学』第56巻4・5号
2007年3月 「公共交通機関へのハード面とソフト面の助成策とその効果
 ―1990年までの旧西ドイツの事例から」
『交通学研究』日本 交通学会2006年研究年報通巻50号
2008年3月

「パッケージ型交通施策を導入するうえでの財政的裏づけの検討」
『環境負荷提言に向けた公共交通を主体とした
 パッケージ型交通施策に関する提言』
(環境省地球環境総合推進費助成 課題)




研究ノート

1987年1月 『思考のための道具』
(Tools for Thought : The History and Future of Mind-Expanding Technology, Howard Rheingold, MacmillanComputer Pub.),パーソナルメデイア社,
ハワード・ラインゴールド著,栗田昭平監訳,青木真美訳
1991年12月 『カフェの光景』
(Europäische Cafehäuser:Geschichte und Geschichten,
 Rose Marie Sommer-Bammel, Nicolaische),
TOTO出版,R.M.ゾンマー・バンメル著,中村利治監訳,青木真美訳




翻訳(研究ノート)

2003年8月 「欧州の民間公益事業について フランスのヴェオリアエンバイアメント(Veolia Environnement)グループその1」『同志社学』第55巻1・2・3号
(研究ノート)
2004年8月 「欧州の民間公益事業について フランスのヴェオリアエンバイアメント(Veolia Environnement)グループその2」『同志社商学』第56巻1・2・3号
(研究ノート)
1995年8月 「ユーロトンネルの列車サービスとその展望」,
ブライアン ペラン(語),『運輸と経済』第55巻第8号
1996年10月 「日本における鉄道国有化の経営的側面」,
ディン キンズリ(英語), 『運輸と経済』第56巻第10号

 

Copylight © 青木ゼミ All Rights Reserved.